コラーゲンの種類と特徴の情報ページ

コラーゲンの種類と特徴

コラーゲンの種類

人体に存在するコラーゲンには多くの種類があり、現在では30種類以上ものコラーゲンが認められています。そして、そのそれぞれが体の各部位で大事な役割を担っています。

 

例えば、皮膚や骨を形成するT型コラーゲン、軟骨に含まれるU型コラーゲン、血管や臓器に存在するV型コラーゲンというものがあります。このように各コラーゲンはローマ数字で表されます。

 

美容や健康について語られる場合に登場する事が多いのが、T型コラーゲンとU型コラーゲンです。T型コラーゲンは人体の中で最も多いコラーゲンで、皮膚や骨を形成し、骨に強さを与え、皮膚に瑞々しい弾力を持たせる働きをします。

 

U型コラーゲンは軟骨に含まれており、このコラーゲンの効果によって、関節にかかる力をクッションのように吸収することができるのです。他にも、主に臓器に含まれているV型コラーゲンは、組織に柔軟性を与えます。これは子宮にもあることから、女性が摂取すると良いとも言われています。

 

これら各種のコラーゲンは年齢と共に減少していくため、それを補うための製品が数多く作られています。

 

多くのコラーゲン製品の材料としては大きく分けて2つあり、豚や牛、鳥などから作られる「動物性コラーゲン」と、魚などの海洋生物から抽出される「海洋性コラーゲン」です。古くから使われてきたのは動物性コラーゲンで、熱に強く、扱いやすいのですが、独特の臭いの強さと純度の低さがネックとなり、最近のサプリメントやドリンクなどでは、臭みが少なく、吸収率の良い海洋性コラーゲンを利用するのが主流となっているようです。

ビタミンKには、もう一つ血管を拡張を防ぐという効果を持っています。これは、化粧品で肌から取り込んだ場合にだけ発揮される作用ですが、この血管拡張を防ぐ働きが赤ら顔...

そばかすもシミと同じでメラニン色素が肌に沈着してしまっている状態ですから、原因もやはりメラニン色素が生成されることと言えます。メラニン色素が生成されるのは、紫外...

肌を老化させる原因としてよく知られているのが活性酸素で、聞いたことがあるという方も多いでしょう。活性酸素は本来、体をウイルスなどの天敵から守るために発生しますが...

保湿でもインナー層の乾燥をケアしていくことが十分な保湿につながるので、インナー層の保湿に大切なセラミド配合の化粧品をしようしていきましょう。特に乾燥肌の方はエイ...

敏感肌は添加物はもちろん、美容成分でさえも刺激になってしまうこともあり、特に美白効果のある成分は刺激が強いため美白ケアも思うようにできません。そのため、一般的に...

人体に存在するコラーゲンには多くの種類があり、現在では30種類以上ものコラーゲンが認められています。そして、そのそれぞれが体の各部位で大事な役割を担っています。...

年齢と共に気になってくるのが肌の老化で、30歳を過ぎると肌のシワやたるみ、くすみなどが気になり始めます。しかし、同じ年齢でも若々しい肌を保っている人も少なくあり...

抗酸化力が強い成分と言われているのが、ビタミンCやビタミンE、ベータカロチン、ポリフェノール、カテキン、リコピンなどです。また、ミネラルは体内にある抗酸化酵素を...

エイジングケア化粧品は、大手化粧品メーカーや海外ブランドメーカー、中規模の化粧品メーカーなどからいろいろ発売されています。そして、それぞれの化粧品でエイジングに...

ただし、セラミドは大きく分けると、動物由来の天然セラミド、大豆やとうもろこし、コメやこんにゃく由来の植物性セラミド、酵母から生成されるバイオセラミド、セラミドに...

▲コラーゲンの種類と特徴 上へ戻る

コラーゲンの種類と特徴 page top