敏感肌に良いシャンプーで含まれていないと良い成分は?

敏感肌に良いシャンプーで含まれていないと良い成分は?

敏感肌に良いシャンプー

肌は人により状態が大きく異なるもので、日焼けしてもすぐに回復する方もいれば少しの刺激でもすぐに肌荒れする場合もあります。

 

日本人の肌の特徴として表皮が非常に薄いことから外部の刺激から守るためのバリア機能が弱い傾向にあり、とりわけ女性に関してはさらに肌が弱いことから日々の肌ケアはとても気を使うことになり、無添加で低刺激性の化粧品や肌ケア製品を選ぶ場合もあります。

 

また敏感肌の方はフェイスケア以外にも様々気が使うことになるのですが、シャンプーに関してはどのような製品を選択すると良いのでしょうか。

 

まず製品選びでもっとも重要になるのは刺激性が高い成分が配合されていないか確認することで、合成界面活性剤・合成ポリマー・金属封鎖剤・合成防腐剤・合成香料・合成色素などの添加物が含まれていないか、また含まれていたとしても少量にとどめている製品を選択すると良いでしょう。

 

いずれの成分も配合量を守れば人体への影響も最小限にとどめられるといった説明がされているのですが、敏感肌の方は他の人よりも化学物質に対する感受性が高く、安全とされる量でも肌が大きく反応することもありますので、添加物の有無についてはしっかりと確認しておく必要があります。

 

そうすることで頭皮に優しい無添加シャンプーの十分な魅力を実感することができるでしょう。

▲敏感肌に良いシャンプーで含まれていないと良い成分は? 上へ戻る
敏感肌に良いシャンプーで含まれていないと良い成分は? page top