季節的にコラーゲンをたっぷり生成したくなる日記

コラーゲンがエイジングケアに良い理由

コラーゲン

コラーゲンは美肌成分として知られていますが、このコラーゲンは私たちの体を作る重要な成分でもあります。

 

実は人の体内のタンパク質の約30パーセントをコラーゲンが占めており、皮膚組織に至っては約70%という割合になっています。

 

しかし、このコラーゲンは加齢などの理由により減少、劣化していくのです。

 

肌のコラーゲンは網目状に張り巡らされており、ピンとハリのある肌を作っています。

 

しかし加齢によりコラーゲンが劣化、減少することで肌は弾力性がなくなり、しだいにハリを失っていきます。

 

年齢を重ねるとシワやたるみが生まれるのはそのためです。

 

ですので、エイジングケアにコラーゲンは欠かせないものだと言えるでしょう。

 

しかし何も対策をしないで放っておくと、シワやたるみなどの肌の老化はどんどん進み、さらに抜け毛や白髪などの体の老化も進んで行きます。

 

いつまでも若々しい肌と体でいるために、どうしてもコラーゲンは必要なのです。

 

コラーゲンを補うため、コラーゲンが豊富な食材を意識して摂るというのはもちろん、生成に欠かせないビタミンCも合わせて摂るというのも大切です。

 

コラーゲンが豊富な食材は鶏皮や手羽先やフカヒレ、牛すね肉などです。

 

ビタミンCの豊富なレモンと一緒に摂ると良いでしょう。食品で摂るのは大変という人は、サプリメントを上手に利用するのをおすすめします。ドリンクタイプや粉末など様々なコラーゲンサプリメントが販売されていますから、自分にとって使いやすいものを選ぶと良いでしょう。

 

また、化粧品もコラーゲンの配合されたものをおすすめします。エイジングケアの化粧品にはコラーゲンが配合されているものも多いでしょう。

 

ただし、化粧品を選ぶ際はコラーゲンの種類を見極めることが大切です。通常のコラーゲンでは分子が大きく、角質層の奥まで浸透できないのです。

 

化粧品を選ぶなら、低分子化したコラーゲンが配合されているものを選ぶのがベストです。

 

今では低分子化されたコラーゲンもオールインワンゲルなど便利な化粧品にも含まれています。そのため昔に比べるとオールインワンゲルは保湿持続力があるので、昔よりもより使用感もグッと増してきています。

 

▲季節的にコラーゲンをたっぷり生成したくなる日記 上へ戻る
page top