敏感肌のお手入れ方法は?の情報ページ

敏感肌のお手入れ方法は?

敏感肌のお手入れ方法

敏感肌は添加物はもちろん、美容成分でさえも刺激になってしまうこともあり、特に美白効果のある成分は刺激が強いため美白ケアも思うようにできません。

 

そのため、一般的にエイジングケアに効果があるといわれる成分でも、気軽に使うことができませんし、もしかしたらダメージを与えてより年齢肌が加速してしまうこともあります。

 

ですが、敏感肌は刺激に弱いため、他の肌質よりも肌が老化しやすいという性質があるのでエイジングケアは必須と言えます。

 

そんな敏感肌のエイジングケア方法は、まずは肌の状態を落ち着かせてバリア機能を回復させることから始めましょう。

 

基本的に敏感肌になってしまうのは、肌のバリア機能が極端に低下していることが直接の原因になっているので、バリア機能を回復させるだけでも十分に効果が期待出来ます。

 

バリア機能をダイレクトに強化するには、角質層で外部の刺激を緩和したり水分の蒸散を防いでいるセラミドを補給してください。

 

セラミドはもともと角質層の細胞間脂質の一種で肌にあるものなので、補給したとしてもトラブルが起きることはありません。

ビタミンKには、もう一つ血管を拡張を防ぐという効果を持っています。これは、化粧品で肌から取り込んだ場合にだけ発揮される作用ですが、この血管拡張を防ぐ働きが赤ら顔...

そばかすもシミと同じでメラニン色素が肌に沈着してしまっている状態ですから、原因もやはりメラニン色素が生成されることと言えます。メラニン色素が生成されるのは、紫外...

肌を老化させる原因としてよく知られているのが活性酸素で、聞いたことがあるという方も多いでしょう。活性酸素は本来、体をウイルスなどの天敵から守るために発生しますが...

敏感肌は添加物はもちろん、美容成分でさえも刺激になってしまうこともあり、特に美白効果のある成分は刺激が強いため美白ケアも思うようにできません。そのため、一般的に...

人体に存在するコラーゲンには多くの種類があり、現在では30種類以上ものコラーゲンが認められています。そして、そのそれぞれが体の各部位で大事な役割を担っています。...

年齢と共に気になってくるのが肌の老化で、30歳を過ぎると肌のシワやたるみ、くすみなどが気になり始めます。しかし、同じ年齢でも若々しい肌を保っている人も少なくあり...

抗酸化力が強い成分と言われているのが、ビタミンCやビタミンE、ベータカロチン、ポリフェノール、カテキン、リコピンなどです。また、ミネラルは体内にある抗酸化酵素を...

エイジングケア化粧品は、大手化粧品メーカーや海外ブランドメーカー、中規模の化粧品メーカーなどからいろいろ発売されています。そして、それぞれの化粧品でエイジングに...

ただし、セラミドは大きく分けると、動物由来の天然セラミド、大豆やとうもろこし、コメやこんにゃく由来の植物性セラミド、酵母から生成されるバイオセラミド、セラミドに...

▲敏感肌のお手入れ方法は? 上へ戻る

敏感肌のお手入れ方法は? page top