正しいシャンプーの仕方は?

正しいシャンプーの仕方は?

正しいシャンプー

次に髪を濡らしますが、これは単に濡らすだけではなくプレ洗いになります。髪全体を濡らしたら、指で頭皮をマッサージするようにして洗っておきましょう。

 

プレ洗いを行うことでさらに汚れが落ちますし、シャンプーの泡立ちもよくなり、頭皮への負担を防ぐことができます。

 

シャンプー剤をつけるときは、一度手のひらにとって洗顔と同じようにたっぷりと泡立てましょう。

 

頭皮につけてから泡立てると指や爪で傷つけてしまうので、必ず泡を作り、それを頭皮に乗せて指の腹で細かく全体に広げていきます。

 

洗う方向は、生え際から頭頂部、うなじから頭頂部というように、頭頂部を終点にして洗ってください。

 

また、洗うときには指の腹をしっかり頭皮に当てて、細かく動かしながら刺激を与えて血行を促進するようにしましょう。頭皮をまんべんなく洗ったら、髪を泡で包むようにして梳かして汚れを落として完了です。

 

最後のすすぎは、シャンプーが残らないように洗った時間の倍以上かけてすすいでください。頭皮にシャワーが直接当たるように、生え際やうなじは手のひらでお湯をせき止めて、溜めすすぎをしてしっかりシャンプーを落としましょうこれが抜け毛予防に良いシャンプーの方法です。

▲正しいシャンプーの仕方は? 上へ戻る
正しいシャンプーの仕方は? page top