ミノキシジルでは血管拡張作用がある

ミノキシジルでは血管拡張作用がある

ミノキシジルは血管拡張作用がある

ミノキシジルはもともとは血管拡張剤で、高血圧患者に血圧降下剤として処方されていたものです。

 

しかし、このミノキシジルを服用していた患者から髪の毛が増えたという報告を受け、発毛効果があることがわかって育毛剤として使用されるようになりました。

 

ミノキシジルは血管を拡張する事で頭皮の血行を良くして、発毛できる環境にするという働きがあります。

 

薄毛・抜け毛に悩む人の多くは頭皮の血行が悪い事が多く、頭皮から十分な栄養を摂りこむ事ができないために発毛しにくくなっています。

 

髪の発毛・育毛には栄養分を毛母細胞に与える必要があり、この毛母細胞に栄養を与えるのが毛乳頭で、毛乳頭は毛細血管から必要な栄養分を吸収して毛母細胞に届けています。

 

頭皮の毛細血管に十分な栄養が行き届いていなければ、毛乳頭が必要な栄養部を吸収する事もできませんから、健康な髪が育つ事はありません。

 

ミノキシジルは頭皮の血行を良くする事で発毛に導くのです。プラスして血管拡張や髪を育てる栄養たっぷりの抜け毛に良い食事をしていくことで、より発毛効果が高まるのではないでしょうか。

▲ミノキシジルでは血管拡張作用がある 上へ戻る
ミノキシジルでは血管拡張作用がある page top