縮毛矯正と他のパーマの違い

縮毛矯正と他のパーマの違い

縮毛矯正とパーマの違い

では、縮毛矯正とカールやウエーブ、ストレートといった普通のパーマとの違いはどこにあるのでしょうか?

 

普通のパーマをかけた場合、髪の手触りはかける前とは、大差がないのに対し、サラサラで、まるで髪質が変わったかのような手触りになります。

 

それが、人気の一つだとも言えます。

 

加えて、普通のパーマは、日がたつにつれて、取れてくるのに対し、半永久的に取れる事がなく、真っすぐな状態が維持されます。

 

よって、髪が伸びてくるとその部分は、癖があるので、一定の周期で需要があります。

 

最近、黒髪が流行っており、若者のヘアカラー離れが加速しているという記事を見かけたことはありませんか?へアカラーには、流行りすたりがあります。

 

最近の不況の影響と、ナチュラルテイストなファッション嗜好から、ヘアカラーをしていない状態の元々の髪色に戻す人が増えています。

 

しかし、ストレートヘアーは、定番のヘアスタイルであり、髪型をアレンジするというよりは、改善するという意味あいが強いので、安定した人気を誇っています。

 

また、パーマ後の手入れがとても簡単で、ヘアセットの時間も短縮されるので、癖毛でない人にも支持されています。

 

画期的で安定的な人気を誇る縮毛矯正ですが、これからどのような進化をとげるのか、癖毛で悩む一人として、期待と楽しみで、目が離すことができません。

縮毛矯正と他のパーマの違い記事一覧

▲縮毛矯正と他のパーマの違い 上へ戻る
縮毛矯正と他のパーマの違い page top