シャンプーの洗浄成分だとどれだと良いの?の情報ページ

シャンプーの洗浄成分だとどれだと良いの?

シャンプーの洗浄成分

またシャンプーに含まれる洗浄成分別に分類した場合には一般的にアミノ酸系・硫化系・糖系・石けん系に分かれるのですが、この中でも特に硫化系の洗浄成分が配合された製品は刺激性が強すぎるため絶対に避けるべきとなります。

 

一方でアミノ酸系は人間の体内に多く存在するアミノ酸が配合されていることから体にも優しく、また穏やかな洗浄力で保湿効果も高く敏感肌の方が利用するのには最も適している種類になります。

 

続いて糖系の製品は植物のやしなどを原料にして製造されているためこちらも刺激が少なく、またせっけん系はデリケートな赤ちゃんに使われるなどこちらも刺激が少ないので、このあたりのシャンプーであればいずれも敏感肌の方でも安心して利用することができます。

育毛シャンプーと言えば、スカルプシャンプーと思う人も多いでしょう。最近は、スカルプシャンプーがどんどん増えています。育毛シャンプーという感じの商品が減っていると...

加齢によって肌もエイジングサインが見られることは多くなってくることがあります。シミやシワなどが主にエイジングサインでしょう。頭皮も加齢とともに老化が始まってくる...

女性で枝毛が多いことに悩んでいる方が多いですが、枝毛はダメージヘアの象徴的な存在でもあるので早めに正しいケアをすることが必要です。枝毛が発生してしまう原因として...

細毛になっていくことで髪のハリ・コシが失われやすく、ボリュームもダウンしやすいので、しっかり育毛剤でエイジングケアしていくことが大切になってきます。エイジングケ...

▲シャンプーの洗浄成分だとどれだと良いの? 上へ戻る

シャンプーの洗浄成分だとどれだと良いの? page top